スキップしてメイン コンテンツに移動

bellum 文字が流れるチャットアドオン

bellum 文字が流れるチャットアドオン

概要

夏休みに(法学部へ進学したはずだが・・・)Chrome Extension を仲間と共に作成したのでその拡張機能の紹介でもしてみる。

公式サイト : bellum
ダウンロード : Chrome Web Store
MacRat 氏による bellum 紹介記事 : BankTar

bellum ってなぁに?

Chrome の拡張機能 bellum をインストールすると、以下の画像のようにそのウェブページを見ている人同士がなんとなーく、ゆるーく、チャットすることができます。

それはさておき技術的な話

本拡張機能の Chrome Extension 側は MacRat 氏 ( http://blanktar.jp/ )が書いており、私が書いたのはサーバーサイドのコードです。
というわけで、bellum のサーバーサイドの小話とかを軽く記述しておきます。


動作環境

言語 node.js
PasS Heroku

サーバーサイドでは node.js と Socket.IO を使用して作ってみた。なぜか。リアルタイム通信技術といったら node.js じゃねwwww
というテンションに負けたからだ。

詰まったところ

Chrome extension は http 通信が使用されているときは Extension 側から閲覧しているウェブページのコンテンツに Heroku から Socket.IO の JavaScript ファイルを追加書き込みができるのだが、https 通信の時は https 通信の安全性を高めるためか http 通信のサイトから JavaScript ファイルを持ってくることができない。。。。

だが、Heroku 様 http でアクセスしているところを https でアクセスするとなーんもしなくても SSL 通信にしてくれるすごい。嬉しい。

そのおかげで、とても楽が出来ました。

以上

このブログの人気の投稿

node.js で SQLite を async を使用して同期的に使用する

node.js で SQLite を async を使用して同期的に使用する node.js で SQLite を使うと何が怖いって非同期処理って所。
どのようにコードが動くのか分かり辛い。

そこで同期処理っぽくしてみたい。


async というライブラリを使用するとそれっぽいことができるそうなのでサンプルを書いた。

記述試験の書き方(仮)

記述試験の書き方(仮) 1,まえがき   法学部の試験では記述式の試験が出てくる。   その試験では、あるテーマについて自由に論ぜよとされている。 しかし、論ぜよと言われても、どのように論じればいいのか、すなわち、記述の仕方について教わったことがない(よくよく考えると、法的文章力を習得させる事だけが目的の授業はないと思われる)。   本稿では、私自身が法学畜になり、見聞きし、実際に活用している論述方法についてまとめている、はずである。その要点は、①条文、判例、学説を使う。②単なる事実と法的事実を区別する。③文章内に一貫性を持たせる。である。