スキップしてメイン コンテンツに移動

node.js で SQLite を async を使用して同期的に使用する

node.js で SQLite を async を使用して同期的に使用する

node.js で SQLite を使うと何が怖いって非同期処理って所。
どのようにコードが動くのか分かり辛い。

そこで同期処理っぽくしてみたい。


async というライブラリを使用するとそれっぽいことができるそうなのでサンプルを書いた。




"use strict";


/*
 * SQlite のテスト
 * 2014 / 09 / 17
 */


var fs = require("fs");
var path = require("path");
var async = require('async');

var sqlite3 = require('sqlite3').verbose();
var urlDatabase = __dirname + "\\database.db";
var db = null;


// 非同期処理だと何が起きるかわからないので同期処理で進めてゆく
async.waterfall([
 function (callback) {
console.log("[DB OPEN]");
  // データベースオープン処理
  if (path.existsSync(urlDatabase)) {
console.log("[DB OPEN]\tDatabase was created.");
   // sqlite3.Database を呼ぶと自動的に urlDatabase が作られてしまうから確認してから初期化する。
   db = new sqlite3.Database(urlDatabase);
   callback(null);
   return;
  }


  // データベース構築
  db = new sqlite3.Database(urlDatabase);
  db.serialize(function () {
   // テーブル作成
   db.run("CREATE TABLE table_hoge (id INTEGER NOT NULL, t TEXT, d INTEGER NOT NULL)");
  });

  callback(null);
  return;
 },
 function (callback) {
console.log("[DB ACCESS]");
  // データベース操作処理
  db.serialize(function() {
   // データ入力
   var stmt = db.prepare("INSERT INTO table_hoge VALUES (?, ?, ?)");
   for (var i = 0; i < 10; i++) {
    stmt.run(
     i,
     "ひゃっはー : " + i,
     (new Date()).getTime()
    );
   }
   stmt.finalize();
  });

  callback(null);
  return;
 },
 function (callback) {
console.log("[DB VIEW]");
  // データベース表示処理
  db.serialize(function() {
   // データ表示
   db.each("SELECT rowid AS id,* FROM table_hoge ORDER BY id DESC", function(err, row) {
    console.log(''
     + '\nID   : ' + row.id
     + '\nTEXT : ' + row.t
     + '\nTIME : ' + row.d
    );
   }, function() {
    // SQL 文の実行が完了してから次の処理へ進む。
    callback(null);
   });
  });

  return;
 },
 function (callback) {
  // データベース終了処理
console.log("DATABASE CLOSE.");
  db.close();
  callback(null, "すべてOKです");
  return;
 }

], function (err, result) {
 if (err) {
  console.log("[ERROR]\t" + err);
  return;
 }

 console.log("waterfall all done. : " + result);
});





結果

[DB OPEN]
[DB ACCESS]
[DB VIEW]

ID   : 9
TEXT : ひゃっはー : 9
TIME : 1410956621663

ID   : 8
TEXT : ひゃっはー : 8
TIME : 1410956621663

ID   : 7
TEXT : ひゃっはー : 7
TIME : 1410956621663

ID   : 6
TEXT : ひゃっはー : 6
TIME : 1410956621663

ID   : 5
TEXT : ひゃっはー : 5
TIME : 1410956621663

ID   : 4
TEXT : ひゃっはー : 4
TIME : 1410956621663

ID   : 3
TEXT : ひゃっはー : 3
TIME : 1410956621663

ID   : 2
TEXT : ひゃっはー : 2
TIME : 1410956621663

ID   : 1
TEXT : ひゃっはー : 1
TIME : 1410956621663

ID   : 0
TEXT : ひゃっはー : 0
TIME : 1410956621663
DATABASE CLOSE.
waterfall all done. : すべてOKです

こんなかんじで非同期なわけのわからない node.js on sqlite がわかりや・・・すい?
まだまだ私のレベルが低いからなんとも言えないのだけど。。。はぁ・・・

このブログの人気の投稿

node.js でAES暗号を使ってみる

node.js でAES暗号を使ってみる 概要 MacRat 氏が「 OpenSSLを使ってC言語でAES暗号 」という記事を書いたので、LL言語版で書いてみる。 node.js で AES 暗号を使用してみます。 この記事は、 【Node.js】cryptを使って共通鍵暗号方式の使い方  を参考に作られております。

記述試験の書き方(仮)

記述試験の書き方(仮) 1,まえがき   法学部の試験では記述式の試験が出てくる。   その試験では、あるテーマについて自由に論ぜよとされている。 しかし、論ぜよと言われても、どのように論じればいいのか、すなわち、記述の仕方について教わったことがない(よくよく考えると、法的文章力を習得させる事だけが目的の授業はないと思われる)。   本稿では、私自身が法学畜になり、見聞きし、実際に活用している論述方法についてまとめている、はずである。その要点は、①条文、判例、学説を使う。②単なる事実と法的事実を区別する。③文章内に一貫性を持たせる。である。 法律と、プログラミング