スキップしてメイン コンテンツに移動

node.js でAES暗号を使ってみる

node.js でAES暗号を使ってみる

概要

MacRat 氏が「OpenSSLを使ってC言語でAES暗号」という記事を書いたので、LL言語版で書いてみる。
node.js で AES 暗号を使用してみます。
この記事は、【Node.js】cryptを使って共通鍵暗号方式の使い方 を参考に作られております。

暗号化

node.js は内蔵モジュールに暗号モジュールがあるので npm をしなくても平気、便利、C言語で OpenSSL 叩くために英文を頑張って読みまくる必要ない!!
var crypto = require("crypto");
var key = "abcdefghijklmnop";
var data = "hello, OpenSSL! 123456789012345"; // OpenSSL ではなく node.js の内蔵モジュールを使用しているのだけども。。。
// 暗号化
var cipher = crypto.createCipher("AES-128-CBC", key);
var crypted = cipher.update(data, "utf-8", "hex");
crypted += cipher.final("hex");
console.log(crypted); // b95c19452d6cce9adc5e13cd3dc38b4fc987964bb1c138f40fb05c797160ad7d

復号化

var crypto = require("crypto");
var key = "abcdefghijklmnop";
// 復号化
var decipher = crypto.createDecipher("AES-128-CBC", key);
var dec = decipher.update("b95c19452d6cce9adc5e13cd3dc38b4fc987964bb1c138f40fb05c797160ad7d", "hex", "utf-8");
dec += decipher.final("utf-8");
console.log(dec); // hello, OpenSSL! 123456789012345

ソースコード

"use strict";
var crypto = require("crypto");

var key = "abcdefghijklmnop";
var data = "hello, OpenSSL! 123456789012345"; // OpenSSL ではなく node.js の内蔵モジュールを使用しているのだけども。。。


// 暗号化
var cipher = crypto.createCipher("AES-128-CBC", key);
var crypted = cipher.update(data, "utf-8", "hex");
crypted += cipher.final("hex");


// 復号化
var decipher = crypto.createDecipher("AES-128-CBC", key);
var dec = decipher.update(crypted, "hex", "utf-8");
dec += decipher.final("utf-8");


console.log("CRYPTED   : " + crypted);
console.log("DECRYPTED : " + dec);


Console
CRYPTED   : b95c19452d6cce9adc5e13cd3dc38b4fc987964bb1c138f40fb05c797160ad7d
DECRYPTED : hello, OpenSSL! 123456789012345

感想

node.js で AES 暗号を処理するコードを残してくれた先人に感謝。。。
そして、LL言語だとやはり簡単にできるからいい
以上
参考
【Node.js】cryptを使って共通鍵暗号方式の使い方

このブログの人気の投稿

node.js で SQLite を async を使用して同期的に使用する

node.js で SQLite を async を使用して同期的に使用する node.js で SQLite を使うと何が怖いって非同期処理って所。
どのようにコードが動くのか分かり辛い。

そこで同期処理っぽくしてみたい。


async というライブラリを使用するとそれっぽいことができるそうなのでサンプルを書いた。

記述試験の書き方(仮)

記述試験の書き方(仮) 1,まえがき   法学部の試験では記述式の試験が出てくる。   その試験では、あるテーマについて自由に論ぜよとされている。 しかし、論ぜよと言われても、どのように論じればいいのか、すなわち、記述の仕方について教わったことがない(よくよく考えると、法的文章力を習得させる事だけが目的の授業はないと思われる)。   本稿では、私自身が法学畜になり、見聞きし、実際に活用している論述方法についてまとめている、はずである。その要点は、①条文、判例、学説を使う。②単なる事実と法的事実を区別する。③文章内に一貫性を持たせる。である。