スキップしてメイン コンテンツに移動

C# LINQ サンプル2

C# LINQ サンプル2

概要

compile
compile
せっかくなので更に遊んでみた。
 LINQ の出力を昇順、降順で切り分けている。

ソースコード

/*
 * LINQ で遊ぶ
 * 2014 / 12 / 05
 * jskny / risdy.net
*/


using System;
using System.Linq;


class Test {
 public static int Main()
 {
  // 売上データベース
  // id, name, お気に入り登録数, 買われた数
  var Database = new[] {
   new { id = 1, name = "つけ麺", fav = 1, bought = 53 },
   new { id = 2, name = "タンメン", fav = 10, bought = 641 },
   new { id = 3, name = "イケメン", fav = 30, bought = 42 },
   new { id = 4, name = "ラーメン", fav = 400, bought = 42 },
   new { id = 5, name = "ぽよ麺", fav = 400, bought = 869 },
   new { id = 6, name = "ぽぽぽ~ん", fav = 20, bought = 1630 },
   new { id = 7, name = "塩ラーメン", fav = 8, bought = 352 },
   new { id = 8, name = "味噌ラーメン", fav = 90, bought = 6885 },
   new { id = 9, name = "お寿司", fav = 3, bought = 35 }
  };


  // 全要素出力
  System.Console.WriteLine("VIEW ALL DB.");
  foreach (object t in Database) {
   System.Console.WriteLine(t);
  }


  // 500回以上買われた商品名のみ出力
  System.Console.WriteLine("VIEW OVER 500 BOUGHT.");
  var boughtUp500 =
   from t in Database
   where t.bought >= 500
   orderby t.id
   select t.name;
  foreach (var t in boughtUp500) {
   System.Console.WriteLine(t);
  }
  // 500回以上買われた商品名をお気に入り登録数の少ない順に整列
  System.Console.WriteLine("VIEW OVER 500 BOUGHT AND Orderby FAV.");
  var boughtUp500odFav =
   from t in Database
   where t.bought >= 500
   orderby t.fav
   select t.name;
  foreach (var t in boughtUp500odFav) {
   System.Console.WriteLine(t);
  }
  // 500回以上買われた商品名をお気に入り登録数の多い順に整列
  System.Console.WriteLine("VIEW OVER 500 BOUGHT AND Orderby FAV descending.");
  var boughtUp500odFavNum =
   from t in Database
   where t.bought >= 500
   orderby t.fav descending
   select t.name;
  foreach (var t in boughtUp500odFavNum) {
   System.Console.WriteLine(t);
  }

  return (0);
 }
}

コンソール

VIEW ALL DB.
{ id = 1, name = つけ麺, fav = 1, bought = 53 }
{ id = 2, name = タンメン, fav = 10, bought = 641 }
{ id = 3, name = イケメン, fav = 30, bought = 42 }
{ id = 4, name = ラーメン, fav = 400, bought = 42 }
{ id = 5, name = ぽよ麺, fav = 400, bought = 869 }
{ id = 6, name = ぽぽぽ~ん, fav = 20, bought = 1630 }
{ id = 7, name = 塩ラーメン, fav = 8, bought = 352 }
{ id = 8, name = 味噌ラーメン, fav = 90, bought = 6885 }
{ id = 9, name = お寿司, fav = 3, bought = 35 }
VIEW OVER 500 BOUGHT.
タンメン
ぽよ麺
ぽぽぽ~ん
味噌ラーメン
VIEW OVER 500 BOUGHT AND Orderby FAV.
タンメン
ぽぽぽ~ん
味噌ラーメン
ぽよ麺
VIEW OVER 500 BOUGHT AND Orderby FAV descending.
ぽよ麺
味噌ラーメン
ぽぽぽ~ん
タンメン

感想

 意外と便利



このブログの人気の投稿

node.js で SQLite を async を使用して同期的に使用する

node.js で SQLite を async を使用して同期的に使用する node.js で SQLite を使うと何が怖いって非同期処理って所。
どのようにコードが動くのか分かり辛い。

そこで同期処理っぽくしてみたい。


async というライブラリを使用するとそれっぽいことができるそうなのでサンプルを書いた。

記述試験の書き方(仮)

記述試験の書き方(仮) 1,まえがき   法学部の試験では記述式の試験が出てくる。   その試験では、あるテーマについて自由に論ぜよとされている。 しかし、論ぜよと言われても、どのように論じればいいのか、すなわち、記述の仕方について教わったことがない(よくよく考えると、法的文章力を習得させる事だけが目的の授業はないと思われる)。   本稿では、私自身が法学畜になり、見聞きし、実際に活用している論述方法についてまとめている、はずである。その要点は、①条文、判例、学説を使う。②単なる事実と法的事実を区別する。③文章内に一貫性を持たせる。である。