スキップしてメイン コンテンツに移動

Blogger テンプレートの Attribution の位置を変更する

Blogger テンプレートの Attribution の位置を変更する

概要

Google Blogger のテンプレートを変更したところ Attribution が変な位置に表示されるようになり、レイアウト画面からも削除することができなかったので、
Google Blogger のテンプレートを変更して Attribution ウィジェットの位置をずらした。
これ
これ

ソースコード

<!-- ADD: Attribution を最後に持ってくる //-->
<b:section class="foot" id="foot" preferred="yes">
  <b:widget id="Attribution1" locked="true" title="" type="Attribution">
    <b:includable id="main">
    <b:if cond="data:feedbackSurveyLink">
      <div class="mobile-survey-link" style="text-align: center;">
        <data:feedbacksurveylink>
      </data:feedbacksurveylink></div>
    </b:if>

    <div class="widget-content" style="text-align: center;">
      <b:if cond='data:attribution != ""'>
       <data:attribution />
      </b:if>
    </div>
    <b:include name="quickedit" />
  </b:widget>
</b:section>

感想

Blogger も WordPress のテーマみたいにテンプレートをいじって、attribution を例えば display:none; とかすれば削除したり隠したりできてしまうのか・・・
ただまぁこんなふうにテンプレートを書き換えるならいっそ「テンプレート自作したまえよ」って声が聞こえなくもない。つらぽよ。

このブログの人気の投稿

node.js で SQLite を async を使用して同期的に使用する

node.js で SQLite を async を使用して同期的に使用する node.js で SQLite を使うと何が怖いって非同期処理って所。
どのようにコードが動くのか分かり辛い。

そこで同期処理っぽくしてみたい。


async というライブラリを使用するとそれっぽいことができるそうなのでサンプルを書いた。

記述試験の書き方(仮)

記述試験の書き方(仮) 1,まえがき   法学部の試験では記述式の試験が出てくる。   その試験では、あるテーマについて自由に論ぜよとされている。 しかし、論ぜよと言われても、どのように論じればいいのか、すなわち、記述の仕方について教わったことがない(よくよく考えると、法的文章力を習得させる事だけが目的の授業はないと思われる)。   本稿では、私自身が法学畜になり、見聞きし、実際に活用している論述方法についてまとめている、はずである。その要点は、①条文、判例、学説を使う。②単なる事実と法的事実を区別する。③文章内に一貫性を持たせる。である。