スキップしてメイン コンテンツに移動

node.js で Camellia 暗号を使ってみる

node.js で Camellia 暗号を使ってみる

概要

前回「node.js でAES暗号を使ってみる」という記事を書いていた時に、はるか昔に書いたCamellia暗号を C言語で利用する記事を書いたのを思い出したので node.js でCamellia暗号を使ってみる。「CamelliaをC言語に組み込むまで

Camellia暗号とはなにか?

Camellia暗号とは三菱電気とNTTのすごい方々が開発してくれた、しかも電子政府推奨暗号リスト掲載されている国産のブロック暗号アルゴリズムです。
AES 暗号と同等の暗号強度を持つそうです。

暗号化

node.js の内蔵モジュールにCamellia暗号が含まれているのでそれを使用します。
var crypto = require("crypto");
var key = "abcdefghijklmnop";
var data = "hello, OpenSSL! 123456789012345"; // OpenSSL ではなく node.js の内蔵モジュールを使用しているのだけども。。。
// 暗号化
var cipher = crypto.createCipher("CAMELLIA-128-CBC", key);
var crypted = cipher.update(data, "utf-8", "hex");
crypted += cipher.final("hex");
console.log(crypted); // 051a3b8c5557949755809b51ebae1041faf0eb2c5bbe97f2ccd7d75fcc0ecd30

復号化

var crypto = require("crypto");
var key = "abcdefghijklmnop";
// 復号化
var decipher = crypto.createDecipher("CAMELLIA-128-CBC", key);
var dec = decipher.update("051a3b8c5557949755809b51ebae1041faf0eb2c5bbe97f2ccd7d75fcc0ecd30", "hex", "utf-8");
dec += decipher.final("utf-8");
console.log(dec); // hello, OpenSSL! 123456789012345

ソースコード

"use strict";
var crypto = require("crypto");

var key = "abcdefghijklmnop";
var data = "hello, OpenSSL! 123456789012345"; // OpenSSL ではなく node.js の内蔵モジュールを使用しているのだけども。。。


// 暗号化
var cipher = crypto.createCipher("CAMELLIA-128-CBC", key);
var crypted = cipher.update(data, "utf-8", "hex");
crypted += cipher.final("hex");


// 復号化
var decipher = crypto.createDecipher("CAMELLIA-128-CBC", key);
var dec = decipher.update(crypted, "hex", "utf-8");
dec += decipher.final("utf-8");


console.log("CRYPTED   : " + crypted);
console.log("DECRYPTED : " + dec);


Console
CRYPTED   : 051a3b8c5557949755809b51ebae1041faf0eb2c5bbe97f2ccd7d75fcc0ecd30
DECRYPTED : hello, OpenSSL! 123456789012345

感想

Camellia暗号も内蔵モジュールに含まれている node.js すごい。
以上
参考
【Node.js】cryptを使って共通鍵暗号方式の使い方
CamelliaをC言語に組み込むまで




このブログの人気の投稿

node.js で SQLite を async を使用して同期的に使用する

node.js で SQLite を async を使用して同期的に使用する node.js で SQLite を使うと何が怖いって非同期処理って所。
どのようにコードが動くのか分かり辛い。

そこで同期処理っぽくしてみたい。


async というライブラリを使用するとそれっぽいことができるそうなのでサンプルを書いた。

記述試験の書き方(仮)

記述試験の書き方(仮) 1,まえがき   法学部の試験では記述式の試験が出てくる。   その試験では、あるテーマについて自由に論ぜよとされている。 しかし、論ぜよと言われても、どのように論じればいいのか、すなわち、記述の仕方について教わったことがない(よくよく考えると、法的文章力を習得させる事だけが目的の授業はないと思われる)。   本稿では、私自身が法学畜になり、見聞きし、実際に活用している論述方法についてまとめている、はずである。その要点は、①条文、判例、学説を使う。②単なる事実と法的事実を区別する。③文章内に一貫性を持たせる。である。